櫻前線  〜年ごとに進化する嵐と翔くんを追う日々〜

                   

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
日記に関して言うと もうホントに自分が自分でイヤになります・・・
私の構想はこうでした。
回想録シリーズならチャッチャと日にち空けずにupできるかも〜。
アルバム編、シングル編、ライブ編、ドラマ編、チケット編、その他諸々できるぜ!的な。
スケートシーズンに入ったら気持ちはそっちだから、その前に怒涛のupして
machiさん どーしたん!?頑張ってるやん!!的な。
そして冬眠しようと思っていた私、バカよねー。
それはそうと、翔くんがソチのキャスター就任とか。
まさか、まっさか、スケートのあの子と接点はあるのかなあ。


さて、行って来ました。
ラブツアー 12/12 20ゲート20列 
久しぶりのコンサートだったけど 行く前からドキドキ、ワクワクって感覚は
寂しいけど なくなってきてる。
それでも、幕が開いて5人がそこに居るのを見ると、一気に感覚を思い出すんだな・・
一緒に入った娘はアルバムすら聴かず、私はレンタルして何周か聴いただけっていう、
前代未聞の姿勢で参加して、ライブ中も全然はりきってないし、ファンキーダンスだっけ?それも
勿論覚えてないし、周りの人からしたら凄く浮いてると思うし、あの人達楽しいの?
ってレベルに見えると思うけど、楽しいよ。
はっちゃけないけど、嵐コンは好きだもの。
今回のアルバム聴いてて好きだなあと思ったのは タイトルわかんないけど
♪風は追い風 オウオ〜
って始まる曲。
このところシングル曲がカッコイイ系が続いてたから、よけいに新鮮に聞こえましたね。
翔くんのソロは何でこうも私のアンテナには引っかからないんでしょう。
毎回残念な気がしてる私のアンテナが壊れてんのかなあ。
潤くんは見る度にオーラが増量フェロモンだだ漏れなんですが、いいんでしょうか。笑
ライブの全体的な感想としては、いいモノを見せて貰ったって感じ。
良く言えば 完成度が高い。
悪く言えば きっちりやってますよ、仕事の一環として。
以前のように彼ら自身が濃いライブツアーを過ごしている訳じゃないから、
やるべき事を限られた時間内で一生懸命やる、
そういう事。
そんな感覚を感じつつも ダンス、パフォーマンスに見所があって盛り上げどころがあって
コンセプトもしっかりしてるから いいモノ見たなって思えるんだと思う。プロですね。





さてさて、今年ももう僅か。
少し早いですけど、良いお年をお迎えください。

今年も ありがとうございました。
















arashi LIVE / comments(0) / -
娘と二人で参加してきたのでざっくりとした感想を。



 あらふぇす9.21 アリーナE24

東京は生憎の雨が降ったり止んだりの天気で、
雨天に備えて荷物は増えるし、どうも野外は苦手。

20日の夜には すぐにセットリストをチェックして
ちぇっ・・
そう思った。
ダンゴの曲もはぴねすもハダシも ずーっと前からお腹いっぱい。
それでも、それらに混ざって古めの曲が入っていたら 印象は格段に良かったのに。
一番聴きたかったオルナシどころか、ことごとく期待していたセットリストとは程遠いもの。
今の状況でリクエストを募れば 予想できる結果だとしてもそれでも、あれほどまでとは。

不安定な天気と期待はずれのセットリストで 全く気分は上がらないまま、
唯一娘と久しぶりに会えたことで 諸々は帳消しになるのだけど。

さて、そんな状況で始まったフェスだけど、
行ってみたら、終わったみたら、さすが嵐さまじゃん!なんて思うんだから
まだまだわかんないね、嵐は。
もう潮時かな・・なんて思ってるとぐぐっと手を引かれる。

久々の大宮や翔くん潤くんで始まるトルメンタ、当時から好き好き言ってたラブシチュ、
そしてずっとそうなればいいのにと思っていたソロのバックに他メンがつくという事。
他メンがついたジョイフルや、いつだったかの大野くんソロも、
他メンのバックは物凄くテンションが上がる。

フルオーケストラを従えての3曲は圧巻。
衣装やアレンジ、ステージの様子など凄く凄く良かった。
中でも5×10は歌詞とメロディラインが あの雰囲気と調和して感動的だった。
俺フェス?とやらのコーナーではスケッチも聴けて、
アニバーサリーな楽曲は やっぱり嬉しい。

セットリストには不満でも、それを補う見所があって、
通常コンとは異なる楽しさがあったなあと思う。
しつこいけどあのセットリストでも 終わってみると新しさを感じたよ。
会場を派手にしてくれるジュニアなしでも寂しさを感じさせない、
けど手作り感の伝わるふぇすだった。





新しいアルバムとドームツアー。
そんな事が待ち受けているとは全く想像してなかったから
ファンにとっては嬉しい発表。
私は今回は留守番するけど。
1月の京セラ、今回の国立に続いて出かけて間もないのに
また息子を置いて行くのは気がひける。
息子ももう大きいんだけど、それでもやっぱり行けないや・・
だからまた来年。。





arashi LIVE / comments(2) / -
あけおめ! ことよろ!

京セラ翔くんの最初の言葉を拝借して 2012年日記の書き始め。
お正月の嵐の番組は録画したまま未だ見れていないけど、
「こたつで嵐」だっけな?これは早く見たくて、懐かしがりたくて、昨晩見た。
当時の気持ちを思い出しますな。
なまあらしからもう10年も経つのか・・
放送後のトークが知りたくてネットで漁ったり、時々番組内で歌を披露してたから
それが見たくて見たくて。
今はあんなにバラエティ持ってるんだから 1曲くらい歌えればいいのに、とつくづく思うわ。




 さてさて、やっとですよ。
このツアーの開始から約半年経ってやっと。
こんなに初見を待たされた経験は初めてだけど、
自分としてはキリキリするでもなくヤキモキするでもない、穏やかにこの日を迎えた感じ。
MCの内容や曲ごとの感想など詳細は書けない・・ブログの為に覚えなきゃとは思わなくなったし
レポをしようという気持ちで参加することはなくなったもんね。

以下、私が観て感じたこと。


続きを読む >>
arashi LIVE / comments(2) / -
 
東京ドーム公演、参加してきました。
かっこいい翔くんに絶賛打ちのめされ中でございます。




SCENE〜11/19
私の今回のツアー参加はラストになるこの日、
センターステージ真横ブロック、センター花道からも3列目という位置から見ることができた。
あのアクセントダンスとモンスターを近場から見れた事で 思い残す事は何もない。
手観音では 一番後ろに立つ翔くんと、翔くんの前が潤くん?かな・・前後で手を交差させたりして、
遠目で見た印象以上に巧みな手の動きとキレに溜息ものだった。
モンスターは横から見るよりも正面から見たほうが圧巻だったけど 
踊っている表情を見ながら ダンスの迫力、熱い空気が伝わってくるというのは至福の時だった。

つくづくテレビよりも断然カッコイイよなぁ翔くん・・って思ったし、
ニノソロはジュニアの作るハートやニノの衣装諸々含めて
とても上手に演出された曲になっていたし、
珍しく立ち位置を間違える潤くんもかわいかったし、
メンバーそれぞれ、上手い表現が見つからないけれどイイ顔再発見した感じがしていて
嵐、やっぱり好きだなあって思ったよ。
自分の最終公演で強く印象に残ったのは 
メンバーの誰かについて、私なら翔くんになるわけだけど
個人のことよりも嵐5人がよかったと思った事。
最後にツアーT着て、横並びに5人居るシーンが目に焼きついている。


個人的なところでは、
国立は娘と一緒に参加できた。
ドームもその予定が ゼミの試験勉強があって入れなかった。
21日も参加予定だったが息子の学校行事と重なり断念。
大阪では姪2人と一緒に参加。
申し込みから当日まで間が空く為、いつもその日になるまでハラハラしながらの綱渡り。
それでも嵐コンに便乗して なかなか会えないけど会えちゃう人たちがいる。
次回のツアーは今年の結果からしても難しいかもね。

2010年 嵐ツアー
 心に残る一コマを、最高の眺めをありがとう


     








arashi LIVE / comments(2) / -
 京セラ31日、行って来ました。

セットリスト中心に感想を挙げます。
続きを読む >>
arashi LIVE / comments(0) / -
 嵐の夏の風物詩、国立ライブ・・

飛行機や天候の心配もなく参加できたのは久しぶりで有り難かったけれど
とにかく暑い。
陽が落ちてからも蒸し暑いし体はベタベタで、
夏の野外はきつい・・



以下、ざっくりと感想。
続きを読む >>
arashi LIVE / comments(6) / -


         記念に持ち帰ったテープ@東京ドーム



落選した東京公演。
チケットを探してでも参加したいという思いは全くなかったんですね。
寧ろ潔く散ろうじゃないか、くらいの気持ちで。
でも、ひょんなところから思いがけずサンタがいた。
それでも迷ったけど結局は
ご好意にどっぷりと甘えさせてもらう形で参加が叶いました。




さて。
国立以来、およそ3ヶ月以上ぶりの嵐コンだったわけですが、
繰り返し同じ公演を観ていた頃は、もう次の曲のイントロが頭の中で流れてた感じだったけど
間は空いてるし回数観てないしで セットリストも何も覚えてない状態。
気持ち新たに迎えたライブ。
ただやはり、国立初見と同じ箇所でまた胸がいっぱいになる。
「明日の記憶」の演出と、「5×10」という楽曲・・ここですね。
この2曲は見ながら、聴きながら、いろんな気持ちが過ぎる。
見た人聴いた人それぞれの視点で思いを馳せられるところが好き。
そう言えば いつのツアーでもそうだった。
曲、演出、アレンジ諸々含めて 好きな箇所は何度見ても同じところ。

ドームでは国立よりも 衣装ひとつにしてもよく見えた。
全体的に今回の衣装はどれもいいなと思う。

a day in〜の時だったかな、外周のトロッコに乗り込み、
楽しんでこ♪
とかなんとか繰り返す・・煽りでもなし、呟くようにお誘い?する翔くんがツボ。
翔くんはパックリと分かれた前髪がやだなあって思ってたけど、
時間と共に程よく乱れて みるみる内に自分好みの男前になってくれて。笑
それに翔くんの逞しさや激しさを感じるのはライブだけ。
バラエティやゼロにはないサクライショウが そこにはいる。


そして、国立にはなかったドームの演出で 心に響いたもの・・
「マイガール」
私はこの1枚のCDがあまり好きになれなかったのは、
「ありがとう」や「感謝」があまりにも溢れすぎていたからなんですね。
初期の「感謝カンゲキ〜」
中期の「スケッチ」
10周年の「5×10」
自分の中ではこの3曲で充分に満ち足りていたところに、
マイガールはドラマのイメージもあるでしょうし仕方ないにしても
「スーパーフレッシュ」も感謝ソング・・11年目、それ以降に向けてのものだとしても、
なんだか食べすぎな感じがしてしまったんですねえ。
ついでに「時計じかけ〜」の翔くんのラップも違和感があったりで、、、

ドームで披露された「マイガール」
スクリーンには今回のコンサートチケットが映し出されるんですが、
その光景が何ともじ〜んとくるんです。
5人とファンとを繋ぐライブがファンにとって物凄く大切な空間であるように、
サビの歌詞とチケットの写真が 5人の気持ち、ファンの想いと交差する気がしましたね。



10周年については2年越しくらいでたくさんの事を喋ってきた感があって
実際にその時期を迎える頃には正直な所、触れるのも面倒になってた。
でも今なら素直に言お!
5人はこちらの想像を遥かに超える量で感謝を形にしてくれた。

ありがとうの想いをたくさん伝えてくれて ありがとう。嵐!!


arashi LIVE / comments(0) / -
各局が凌ぎを削った選挙特番は 日テレが最高の数字だったようで、
1部の話だけども良かった良かった。
そしてオール・ザ・ベストがミリオン間近とか。
赤飯ご準備。
最高のプレゼントになるよね。



それにしてもコン会場を見渡すと、客層が広がりましたねえ。
家族連れや男子の顔が目立つようになりました。

かく言うウチもそんな顔ぶれで参加。
娘・息子・息子と同い年の姪・私の兄・私の5人。
ほんとは兄じゃなくて母を連れて行く予定だったんだけど。
でも、かねてからの私の願い、息子を連れて行く!
そんな希望が叶いました。

ずっと気になってた。
自分の楽しみの為にいつも留守番もしくは別行動の息子のこと。
特に地元に置いて出かける時は とてつもなく後ろ髪引かれる思いがして、
罪悪感すらして。
でも飛行機乗ったらぶわ〜っと忘れてた・・っけな。殴

私と娘はアリDで入り、息子達は聖火台近くの後段。
席は離れ離れだったけど子どもにとっては見易かったと思う。
今回に限り、コン中も嵐より息子の様子が気になって気になって、
時々、双眼鏡で息子達の様子見てた。覗き見みたいで面白かった。笑
ペンライトもウチワももちろん無しで、ノリも悪い・・
明らかに浮いてる3人。ごめんよ、その近辺の人!ごめんね嵐・・
だけど息子だって嵐の曲は大体知ってるよ?(自然に覚えるよね、そりゃね
お気に入りは「truth」だよ。
何度もリピさせられたよ、この曲。
お陰でお母さんひとりの時はソレすっ飛ばしてるよ。
お気に入りのメンバーは「ニノミヤ」と「リーダー」って言うよ。
でも「魔王」は見てなかったよ。
歌を聴いてて 「ニノミヤ」と「リーダー」の声を間違うよ。
サクライはかっこいい?と聞くと、首を傾げるんだよ。困ったように。
困るなよ。笑
コンサートの感想を聞いたら「もっと近くで見たい」とか言ったよ。
連れて行けてよかったかしら?自信ないかも。笑

まあとにかく、
雨が降りでもしたら風邪引かせるんじゃないかとか、
この曲は知ってたっけなとか、
コンサートが終わったら終わったであの人混みでの退場だし、
半券ぽろっと落としてないよなあ・・とか、
よけいな気を使ったよ。
嵐コンに連れて行くのは最初で最後にしよっと!!

で、コンサート以外では3人で東京をあちこち周ったみたいで。
東京タワーやら皇居やら日テレのお祭り?みたいのやら、いろいろ御のぼりさんツアー。
皇居の石を記念に持ち帰って見せてくれた。
疲れるからタクでの移動を勧めたけど、電車の中から街並みを見ながらあーだこーだ言うのが
いいんだって。なるほど〜!(まるで人ごと
まあ、なんだかんだで別行動じゃないか、息子と。

でもね、今回いろんな気持ちあって一緒に連れて行ったけど、
一番は息子にもあのオニイサン方を見せてやりたかったんだよね。
本人が僕も見たいって凄く思っていた訳でもないんだけど、
嵐ってこんな人たちだよって。
5人があの場に立てる意味とか、10周年の記念コンとか、ヲタ的な要素は何も話してない。
そんなものは息子には必要ないもの。
たぶん目にしたあの空間、風船も花火も、きらびやかに変化するメインの電飾も、
絶対に心に残ったと思うし、
嵐のこと 実は凄く好きになったと思うよ。
あの場に居て嵐を通して ふんわりと何か残ればそれでいいもんね。

お母さんにとって本当に記念のコンサートになったよ。



arashi LIVE / comments(2) / -
/ 1/5 / >>