櫻前線  〜年ごとに進化する嵐と翔くんを追う日々〜

                   

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
私、ワクワクがっこうは、一度も参加した事がない。
開催地周辺に住んでいたら
もしかしたら参加したいと思ったかもしれないし、ヲタ絶頂期であれば行きたいと思うかもしれないけど。
コンサートに行くのを優先してきたってのもあるしね。
ましてや映画観に 東京まで行けるか!
と思ったけど、前は行ってたね、映画観に東京まで。
ピカンチたぶんは、観たい。
まさかピカンチのスピンオフを作るとは、びっくりですな。
観たいけど、これもまた行けないわ。
なんだかんだ理由つけてるけど、嵐に対する行動力が低下しちゃったんだなあ…
ハニュウくんについては フットワーク軽いんだけどなあ。つい先日も大阪と幕張に、アイスショー見にサクサクっと行って来た。笑
翔くんの時も思ったけど、少年から青年期、
その頃は一年一年 物凄く変わる。
加えて彼の場合は、恐らく次の五輪で現役は引退するんだろうかと思うと
限られた時間の中で死力を尽くす
アスリート魂ってやつに心揺さぶられるんだよね。
翔くんは、
進化しきっちゃったか。
それでも 熟成する翔くんを見ていきたいと思ってるけど。笑
嵐の最近の曲の中ではガッツは超お気に入り。
頭のてっぺんからしっぽの先まで、どの部分を取っても好き。

ハワイでライブ。
節目の年にハワイってのは そう言えば全然アリだよねえ。
あのロケーションでライブをするって、五人にとっても いい刺激になるよ。
娘が九月にハワイ行くって言ってたから まさか重なってる?と思ったら、ライブの翌週だった。
兎にも角にも ゆかりの地ハワイで記念公演をすると言うのは、至極自然で
必然な気がするし、パワーアップして帰って来て また国内でもやってくれるでしょう。



今日のタイトル、何にしようかと久しぶりに嵐の楽曲の歌詞検索してたら
知らない歌が予想以上にいっぱ〜いでガ〜ン…






arashi あれこれ / comments(0) / -
 ババ抜きでさえも ずっと見ていられるわ。
加えて、翔くんビジュも徐々にお戻りになり一安心。

嵐もブログも冬眠している間は 若僧のスケーターにウツツを抜かしていた。
彼もまたギャップが何とも言えないね。氷の上だと顔つきが別人。
もともとスポーツ全般見るのが好きで、あの気持ちの高揚感はエンタメにはない種類。

とは言っても、冬眠中も何度か投稿ページに向かっていたのだけど
途中でや〜めた!ってなる。
だって気がつくとダメ出しばかりになっているから。

謎解きは せいぜいSPドラマ止まりで良かったんじゃあ?とか、
MC翔くんの限界というか危機感というか。
ナカイくんやムラカミくんが とにかく凄いからねえ。
私は翔くんの安心安全なMCは心地良くもあるけど
時々、面白みに欠けるなあとか トークを上手に回す術はもう少し・・って思う。
程よくはっちゃけて脱線もして欲しい。
だからアリヨシとのタッグは 起爆剤投入とその相乗効果を期待しているのだけど。

・・ほら!こんな感じでダメ出しばかりなのだ。

そればかりじゃ気分悪いから、
コーリングとブレスレスを初めて披露したMステは、凄くカッコよかった!って話を。
お帰り翔くん!って思った思った。笑
ブレスレスは好きだなあ。
何と言ってもニノのソロパートの振りというかパフォーマンスと、ニノの歌声の迫力が素晴らしい。
(生だともっとイイけど)
ダンサーも嵐も黒で 文句なしに見せつけたね。


さて、家族げーむは どんな感じかな。
スポットCMでさえ私ってば 裏と表があからさま過ぎ・・なんて思ってる。
もはや自分にダメ出しだね。
まあ、そんなこんなを思ったり書いたりしながらも
ファンである事を自分なりに楽しんでいる。








arashi あれこれ / comments(0) / -
 
暑い日が続きますね。
この間バスケの試合で結構な時間、クーラーなしの中に居て、
その後続けて夕方からは七夕会で公園で過ごし、いつぶりだろうあんな大量の汗・・

この頃は、興味の全くなかった「お笑い」を 好んで見るようになって、
たとえ一時でも、「笑」はビタミンになるんだなぁ・・ってわかるような・・。
先の27時間TVもだらだらと見て、すまっぷがあんな事できちゃうんだ、しちゃうんだ、
今の嵐を見ていると 到底できないであろう事ばかり、やってのけていましたねえ。
すまっぷの姿を見ながら、それならせめて震災直後の「果てない空」は
生で歌って欲しかったなあ・・
なんて今更ながらの気持ちがぶり返してしまった27時間TVだった。


Mステの「まだ見ぬ世界へ」は本当、カッコよかった。
久しぶりに曲・ダンス・衣装・ラップ・ビジュアル、、
全てが噛み合った感じで。
歌終わりのポーズは「ワンピース」の名シーンを思い出す。
また1巻から読み返したいな、ワンピース。
それにしても、この振り付けは凄くイイ。
凄くイイのに、他メンの完成度と比べると翔くんのダンスはどうなのよ・・・・
そして聞くところによると、このPVが何かに付いてるとか?
ついでに言うと コンDVD特典の合宿?が秀逸だとか??
そんなこんなで もうすっかり無知でケチ。



嵐ツアー。
私は日程上の都合で、京セラのみの申し込み。
初日は落選で、セットリストのネタバレを見ていたら、
好きだった曲が2曲入ってたなー。
共にコンサートのオープニングを華やかに印象づける良い選曲だった。
それにしてもoneは オープニングといい、初ムービングといい、ライバクといい、
なんだかんだ印象的なコンサートでしたね。
とにもかくにも、Beautiful Worldは 私にとってはまだ未知の世界。
チケットが確保できたらその次は配送日にドキドキして、
天候を気にしながら当日を迎え、観たら観たで選曲・演出がどうやこうや、
そんな繰り返しを何度重ねてきただろう・・
いつまで重ねることができるかな。
毎年コンサートしてた頃が、貴重に思う時が来るのかな。
あの時がピークだったなあって時も、必ず来るんだろうな。
彼らに代わる対象は これから先もたぶん見つからないと思うけど
それでも、強い気持ちで見ていなくてもいい今の自分に、
自然となれた事は凄く楽だ。


今回の翔くんのソロ曲は 優しく甘い雰囲気が
今の翔くんに似合ってるなあと思う。
ただこの方のソロは 演出がどうも残念な感じがよくある・・
ま、ま、個人の感じ方ですけど。

  あとちょっとバカやってたいんだ
なんて、今思うとかなり甘ちゃんな事言ってた率直なリリックが懐かしい。

今回のアルバムは どの曲を聴いても良作ばかりだと思うけど
この曲大好き、という絶対的な1曲がない。
いつの頃からかずっとそうだけど。
それでも昨年のコンサートはよくできてたな・・



神様のかるての封切りも もうすぐ。
今回1冊も、あろうことか1冊も関連雑誌を読んでいない。
何とか映画だけは観に行かなくては。。







arashi あれこれ / comments(2) / -
 
年末の歌番組の時期に もうなったんだなあ・・
早い早いと思いながら見たFNS。
ラブレインボー 私はどうも好きじゃない。
歌も振り付けも、特に今回のは衣装もなんだか昔のアイドルみたいだったけど、
そういう少しハズレタ感じも嵐ならでは、ってとこでしょうか。
果てない空のコラボは良かったけどね。

先日フクヤマさんのアルバムを購入以来、
ずっとフクヤマ祭り。。
何気に夫、息子もフクヤマ好き!
この方はホント 淡々と長きにわたって君臨されてますなあ。



さてと 今年の嵐。。

5人ドラマで幕開けして 翔くんの神戸新聞、カバチ、
大野くんの怪物くんに、潤くんのフジSPドラマに月9、ニノの映画にフリーターにと
ドラマや映画での仕事が際立ってたなあ。
シングル6枚の内の5枚がドラマと映画のタイアップだもんね。
ありがたい事なんだろうけど 相反して発売の喜びは薄まってったのが私の気持ちだったかな。
そして年々と役者翔くんには魅力を感じられなくなってきている自分の感性に
ひけ目を感じる部分もある。
自分の胸におさめているだけなら別にいいんだろうけど
辛らつな事も書いちゃうし時々自分の感じ方がおかしいのかと思ってしまう。

宿題が終わって「しやがれ」がスタートしたのも今年なんだなぁ。
色々ありすぎるからか、あまりに記憶力が乏しいせいからか、
とにかく記憶に残らないものが多い。
なのでテレジョンに載ってた今年の出来事年表の手を借りると、
ゴールドディスク大賞10冠なんてのもあったし、
観光ナビゲーターになったり嵐ジェットが飛んだり、
小中学校に本が配布されたり、
極めつけが紅白の司会、、
国民的と言われるその幹を一層太くしたのが今年の嵐でしたね。
忙しい彼らを見ていて一貫して感心することは
どの番組、仕事を見ても変わらないモチベーションと雰囲気で 
嵐らしさを提供していた事は やっぱり凄いなあと思う。



そもそも私、
何年も他メンの名前も顔の見分けもつかないまま過ごしていた者。
また初心に戻ろうかな。(笑)
嵐ファンであることよりも翔くんのファンだから。
 
arashi あれこれ / comments(0) / -

          

    今年のボジョレー 今朝の頂き物。



さてと。
つくづく嵐ゴトが曖昧でわからなくなってきています。

シングル発売、今年6枚だってねえ。
モンスターって今年発売だった!!?
もうびっくりですわ。
舞台映えのする1曲で ライブで見てから凄く好きになったのだけど
今年の1枚という事実がしっぽり抜けてる自分にホントびっくりだ。
で、今のところ私のシングルコレクション最後の曲がモンスターで・・
めっきり嵐のCDは購買意欲が湧かなくなってしまった。
年にシングル6枚、こういう年があってもそりゃ賑やかしくていいけど
もっと勿体つけて!笑
アルバム曲やカップリングも併せると200曲以上にもなる嵐の曲。
段々と自分の知らない曲や印象の薄い曲が 増えてゆく。。

今週のテレジョンで、一止さんを見たのですが。
ひど、ひどすぎる。。
髪型なんて気にしてられなくて不精でボサボサの、ふつ〜で良かったのに。
なぜにあんなに作り込む!?
スクリーンで萌転がりはお預けですか、そうですね。
そんな事言う私が一番ひどいけど。
翔くんが悩んで一止を作り上げたのはわかってるけど。
翔くんやスタッフの持つ一止のイメージは ああいう感じだったのね・・・・・・


気を取り直して、






                      



フクヤママサハルのベストが出たので こっちは買いました。おい!
4枚組でした。5800円?くらいでした。
だから何!?って話です。

色気のある声だなあ。
この人の歌聴いてると いい意味でちょっと切なさがこみ上げますね。


arashi あれこれ / comments(0) / -
     

紅白の司会!という今朝のWSを見て、
久しぶりにスポ紙を取りに急ぎきました。


グループで司会を務めるのは紅白初。
翔くん単独説のほうが あり得そうな気がしてたけど
嵐5人でするんですねえ。
家族や友人との絆がテーマらしく、
嵐の持つグループ感ともマッチする、とのこと。
大役だけど、しんぱ〜いだけど、
やれば出来るコ!に なれるといいな。
ドキドキしながら見守ります。

で、
何を歌うんだろうね。
代表曲が絞りきれないから想像もつかないけど
今年は1曲をフルでじっくり聴きたい、私の気分。
テーマと合うのは果てない空かな。

arashi あれこれ / comments(0) / -
嵐番組を編集する縛りから解き放たれてからというもの、
楽チンだなーと思う。
とにかくビデオに録って見たら消す。

編集しながら見るのが楽しいって時もあった。
編集したものを又リピートしたりもして。
好きなディスクは暇があれば何回も見てた。
地方でオンエアがモノを手に入れるのも当たり前で。
ところがどっこいその内に 編集して残すことに疑問を感じ、、
それでも今までやってきたんだし・・
半ば義務的な気持ちで 続けてた。
いつからかな、雑誌を読まなくてもいいやって思うようになり
たとえ番組をすっかり見逃しても平気になった。

こんな私が語っててもいいんだろうかと思う。

昨年に続いて、アルバムがミリオン達成。
ファン度の度合いはあれど 嵐に興味を持つ人たちが本当に増えたんだなあ〜。
よく思ってた、何でこの人たちがもっと売れないんだろうなあって。
良い曲なのに そこそこのセールスで、
ドラマ主題歌とかタイアップがつくと 今度こそイケルんじゃぁ!?
なんて期待しては「普通」だった。
嵐がそういう位置に居るのが とっても不思議だった。
今現在は アルバムミリオンやシングルの売り上げにもそう驚くこともなくなった。
コンサートにまつわるあれこれは厄介になってしまい、
翔くんは人気者になればなる程 前にも増してまるくなってしまい、
前と比べる事を止めない自分も どこかには居るけども
それでも今の状況にも慣れてきて、それが「普通」のように感じられるようになった。
この2,3年で一番変わったのは、自分の気持ちかもしれない。
 


さてさて、ニノドラマと同じ作者さんの「阪急電車」という本を読み始めた。
息子がテスト勉強期間の時 私は何か読み易い本ないかなあって思ってた。 
そんな時ちょっとしたキッカケをくれるのが有り難い。
「阪急電車」読んでると 少しのページで読者を引き込むセンスがおありで、
売れっ子の作家さんっぽい。
ドラマ「フリーター、家〜」のほうは 確かに地味。
なんだけど 良いドラマになりそうな、そんな気がする。
踏んだり蹴ったりの「負」からスタートしたドラマの中で
ダメなセイジの成長とその家族のこれからが非常に楽しみ。

ニノ出演のA−すたじお
元々この番組は好きでよく見ているのだけど
師匠が最後にゲストについて語る時間もいいし、
その時にカメラで抜かれるゲストの表情がいい。
ニノの場合も 普段は見れない表情を覗かせて貰ったような気がした。













 
続きを読む >>
arashi あれこれ / comments(0) / -
 猛暑が続いておりますが、
ほとんど家でごろごろして暑さ知らずの 相変わらずの暇人です。

CM界の嵐は途切れなく、大手メーカーを次々と。
CMも映画もドラマも主題歌も 飽きてしまいそうなくらい凄い。笑

別に飽きたわけじゃないんだけどTo be freeは買わず仕舞い。
一度買うのが途切れてしまうと 
その後どうでもよくなってしまいそうなのが私で、
嵐にはすっかり脱力しちゃってるかもしれない。
それでもアルバムはめちゃくちゃ楽しみ。
2年ぶりのオリジナルってのもあって、
各業界で嵐が蔓延する中、その活躍を喜んでいる反面、
まだ〜?まだ〜?ってじらされて勿体つけられる感じを新鮮に楽しんでいる。
だから発売まで1曲たりとも聴かずに待ってる。


当落もいつの間にやら始まってて・・伝言メールで知った時には既に3日くらい経ってた。
嵐コンが大好きで同じの何公演見てもまだ見たかったのに 
今は参加したい欲も薄まってしまった。
それでも1公演は絶対に見たい。
ま、希望は1国立1ドームだけどね。
なんて言うと、それでも厚かましい希望になってしまうのかな。
嵐のコンサートと言えばジャ二のエンターテイメントをぎっしり詰め込んで
本当に楽しませてきてくれた。
ライブだけに大きな時間を費やすことが出来ない今の彼らに
多くの期待は酷であるとわかってる。
他の仕事とは違いファンの為だけにあると言っても過言ではないのが
コンサートなわけで 今の嵐が放つメッセージを何かしら感じてこれたらと思う。




arashi あれこれ / comments(0) / -
/ 1/16 / >>