櫻前線  〜年ごとに進化する嵐と翔くんを追う日々〜

                   

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
何でも包み隠さず話せる友人と会った時の事。
お互いに、結婚して20数年が経つ。
それなのに、
彼女はご主人が凄く好きだと言う。
行けるのであれば2人で旅行にも行きたいそうだ。
ご主人への嫉妬も結構凄くて、
でもその嫉妬も 自分が綺麗でいなくちゃと言う発奮材料のひとつになっているみたい。
そう、未だに恋をしている。
と言うか、益々好きになっているとか言ってなかったか?私の空耳?笑
私はと言うと …
もう完璧に 子どもの「お父さん」としての存在であり、よく言われる「空気」のような存在だ。
亭主 元気で留守がいい!って、ずーっと言ってたし、実際に留守の時とか
まさにルンルン。
嵐コンが近づくと ダイエットとかお肌の手入れとか頭にチラついたりしても夫の為に!ってのはまず無い!全然無い!
子どもが生まれる前や小さい時は
それこそあちこち出掛けていたけども、子ども達に手がかからなくなった今、夫と2人で旅行行きたいとか思わないしなあ。
それが「普通」と思っていたけど、
身近であんな可愛い奥様ぶりを目の当たりにすると、
自分が悪妻になったような気分で、暫く溜息しか出なかった。
まあ、決して良妻ではないのは自分でもよくわかっているし、友人に感化された訳ではないけども もう少し優しくしてあげなきゃかなとか、
家計を支えて仕事を頑張るお父さんに感謝しなきゃなと 己を律した次第。
いつまでその気持ちが維持できるかわからないけど〜〜。






明日なんだね、あの長時間の歌番組。
今朝のスッキリで番宣してる翔くんを見た。
テリーさんが翔くんに前髪上げろだの、もっと短くだの言ってたんだけど
ちょっとテリー!黙ってて!!





日々のことなど / comments(0) / -
スマホ投稿出来るように設定してみた。
パソコン開くのが億劫になってたから、これなら手軽。


それにしても、こんなに早く頂点に立っちゃうとは…





翔くんはゼロでインタビューしてるし、
嵐が歌う五輪テーマソングと
演技のシンクロには胸熱。
兎にも角にも 最上の結果にただただ、
感激…

五輪だけの結果に注目されがちだけど、
今季のグランプリシリーズから 戦いははじまっていたんだよねえ。
シーズン当初、パトリック選手に全く歯が立たない圧倒的な実力差と
タダでは負けないハニュウ選手の良い意味での貪欲さ、学習能力、、
一連の王者のとの戦いは 見応えがあったわ。
金メダルを獲ったとは言え、今後も現役を続けるんだから 大変な事の方が多いよね。
盛大にやらかして敗北という試合も
容易く想像できるし。
で、又悔しい悔しい!って強くなるんでしょ?!(笑)
だから面白い。


流行り物に便乗するかのように
しばらくはマスコミの餌食になりそうでイヤだなあ。
「努力する天才」の行く末を
どうか邪魔しないでよね!と思う。










日々のことなど / comments(0) / -
 
間隔が空けば空くほど 今更何を書く?と戸惑いますが。


前回の日記以降は 娘の成人式やマンションの引越しがあって、
その引越し先を決めるまでが大変で、
思い出してもぞっとする・・。
まだまだわがままな娘も成人して、親にありがとうの言葉が言えたり、
両親のことが好きだという気持ちを口に出してくれたりして、
少しずつ大人になった証を見つけては喜んでいます。

息子の事では バスケの試合で週末はほとんど私もあっち行ったりこっち行ったり。
ヒザの故障で辛い時期もあったけど 50人を超える部員の中でベストメンバーのひとりに入れてもらい、試合に出ている息子を見ているのは夢のようだった。
暑いのとか早起きとか関係なく楽しみで楽しみで。
そんな部活中心の生活も引退して、受験中心の学校生活になっていくのかなあ。
いつの間にか身長も追い越されて まだまだ成長中。


それにしても、翔くんのあれこれを書きたい気持ちは 一体どこへ?!
オリンピックのキャスターにしろ、映画のクランクアップや24Hにしろ、
実際に目に触れるまでのところで情報を詰め込みすぎてきたけれど
今はいつの間にか、気が付けば「その時」を迎えて過ぎてしまう・・
物凄く楽なんだけどね。
それでも1回目の24Hのときはサライを歌う最後の最後のシーンまで名残惜しく見ていたし
彼らの表情を見ていても、多分同じようにこっちもぐっとくるものがあって強く印象に残っているけど、
この頃は一つの仕事が自分の中で凄くあっけなく終わってしまって寂しくもある。
どの仕事も、ソツなくこなしました感を感じてしまう私はダメなファンだね、きっと。
アレもコレもソレもやらなくてはならない5人は、もちろん一所懸命なのは伝わっているけど。
マイナーな嵐がメジャーになって数年が経ち、
もう量はいらないなあ・・というのが勝手な本音。

あらふぇす
もうライブは毎年やらない時が来たんだな・・って思ってたから やるだけ凄いね。
凄いんだけど、ライブも哀しいかな年々印象に残らなくなってきた。
一度観た後、まだ観たいという気持ちが湧かない、でも1回は観たい、このところずっとそんな感じ。
リクエストで数々の曲のリストを見ていたら 当時の音楽番組やコンサートと重なって懐かしかった。
彼らのことで一所懸命な頃、間違いなくいつも傍に嵐の曲があったもんね。
新曲はいち早く聴きたかったし、ラップは覚えたいし理解したかったし探りたかったし。
予約発売のCDの収録曲を見ていたら、1/3くらい知らない曲、聴いたこともない曲で、
CDを買わなくなってカップリングが全然わからない。
ふぇすで、とにかくやって欲しい1曲を挙げるならall or nothing。
他にも絞りきれないくらいあるけれど、敢えての1曲はそれ。
VHSやテレビ、ライブでも見てきたけど ここしばらくご無沙汰だし・・
思えば、少人数のお客でも煽ったりのせたりできない翔くんだったのに
今や満面のドヤ顔で数万人を煽ってんだもんねえ。笑
後のアンチやC&Sやリマーカブルとかの攻め系ラップの元と想像すると、
やっぱり思い入れは強い。




さて、明日は中学最後の体育祭。
息子には、絶対見に来ないでよ!と言われるけど、その気持ちはわかるわかる!
けど行くよね〜。

雨じゃないといいなあ。












































日々のことなど / comments(0) / -

あれから3ヶ月が過ぎました。
「明るく平和な一年でありますように」
究極の願いをこめて迷わずその一文を添えたのが
我が家の今年の年賀状。
相変わらず・・そう言える日々が何より幸せなんだな。
原発問題の落ち着きや被災地復興の道が見えない限り、
もやもやとした気持ちは晴れないと思うし、
それまでは地道に何度でも できる事をできる自分でいたい。
我が子には 歴史に刻まれた何十の悲劇を漠然と学習するよりも
今、いろんな物事を感じる時、考える時だと、あれこれ息子と話してみたのだけど
如何せん、親の思惑通りにはいかないね。
それでも何かを感じ取ってくれていると信じたい。






自分達にできる事は笑顔を届ける事・・
被災後はそう言うタレント達をたくさん目にして思い出すのは、
20歳そこそこくらいの頃だろうか、既にそういった志で仕事をしていた翔くんのこと。
その語気にアイドルらしからぬ強気と信念みたいなものが含まれていて感心したんだよね。
数々の自作曲や翔くんのリリックに込めた想いには
益々ファンにさせるような感性がそこかしこに光っていた。
この頃は インタビューをする時、キャスターの時、
気持ちは凄くあるんだろうのに 翔くん独自の感性が感じられるものが少なくて勿体無い感じ。

嵐のシングルも ラップが入ってる方が私はやっぱり好きなんだなあと
ここへきてつくづく。
これまでラップなしでも好みのものは多かったし 
楽曲によってソレがあったりなかったりする事で 新鮮に感じてもいたけれど
総じてラップ入りのほうが その曲全体としても好みということか・・。

 

今年に入ってからも相変わらず、5人をテレビで見ない日はほとんどなくて
ずっと食べ過ぎに似たような気持ち。笑
そんな中、新たに発見したのは 相葉くんの持ち味。
エコ番組の相葉くんや ここ最近では2人組みの嵐ちゃんのMCを見てても
本当に相葉くんらしくて笑顔がぽろりとこぼれてきた。
私はこのテの仕事は翔くんが一番とずっと思ってきたクチだけど
あぁこういうレポート、MCもありだなって目からウロコ・・。

進化することを休むこともまた必要かもしれないし、
休んでいる間は他の誰かが進化していたりして、
それもまた一興。。



日々のことなど / comments(4) / -
 9月は息子の誕生日やブログ開設、5人の結成日、
そんなこんなが重なる月。

この間まで いつまで続くかこの暑さ・・なんて思ってたのに、
涼しくなったなあ。


嵐は結成から11年が過ぎちゃいましたか。
最近ワケあって、辞めた某ジュニアの検索をしながら読んでて思うよ。
あかにしクンの例なんかもある。
嵐の5人が一緒にここまで来られてよかったなあ。
おまけに「仲も良くて 仕事は忙しい」
言う事ない。
売れっ子じゃない頃も、売れっ子になった今も変わらないのは
5人を見ていられる、というこの状況。
これからもそこに居るんだろうなって言う安心感。
当たり前のことと思わずそういう基本的なところは忘れないでいたいな。



そして息子の誕生日。
息子の歳を間違えてケーキ屋さんに伝えてしまうという大失態をしでかし、
まだ13才なのにゴメン「14才おめでとう」なんて。
素で間違えてた。
つか訂正しようと思えばできたんだけど、ゴメンそのままでいいや・・とか思っちゃって。

息子の名前には「晴」という字が入っていて
進んで行く道のりや将来が そうだといいなあと思って付けた。
今のキミを見ていてもピッタリな名前だ。
今回の母の失態(&怠慢)も爽やかに許してくれてありがとー。笑

誕生日の日、我が家の2階から撮った朝焼け+毎年落ち葉掃きで苦労する木。
今年は虫がついてしまい葉も元気なく既にスカスカ・・



         
日々のことなど / comments(0) / -
 昨日、息子の卒アルがやっと出来上がってきた。

入学から卒業までの数々の思い出の写真と
ひとりひとりの作文が一冊にまとめられた卒アルだ。

余白に好きな歌手、好きな歌、好きなTV番組などのランキングを書いてる子もたくさんいて、
男女問わず、嵐の名前を挙げてる子が何と多いこと。

あと、嵐に会いたいな〜なんて書いてあるのを見ると
地方に住む子供たちなんて親がよほど本気モードのファンじゃないと
会えないもんねえ。

そうかと思えば、親の都合で行きたくもないのにライブを見せられる子供もいるし、
そのどちらも 親に依る部分が大きくて振り回される子供達・・なんだよねえ。

そんなこんなでちょっと切ない気持ちで「嵐に会いたいな〜」の文字を読んだ。

やっぱいつか落ち着いたら、でもほどほどに人気のある内に
全国を周って欲しいね。
ってコンサート自体、毎年やってくれるのか?くらいになっちゃってんだけど。



とにもかくにも今年はね、娘のこと優先で時が進み、
息子のほうは二の次、三の次・・みたいな感じできたけども
もう娘はほぼ手が離れてしまったし、息子のことを一所懸命やろうと思う。
と言っても何をどう頑張るということもなく、まぁ気持ち的にね。笑

中学でバスケ部に入って 3年生は早々に引退して 
これから・・って時に膝を悪くしてしまい、体育も部活も見学してる今の息子。
成長期にバスケやサッカーなど足を酷使する子供に多いらしい。

息子にはレギュラー取って、チームも強くなれって期待してたから
いつ治るのかわからない膝痛はへこんだ。

でも入部して間もないこの時期で まだ良かったよ。
親が焦ったらダメだよね。
よけいに息子も不安になるからね。

そう、大丈夫。
キミには持って生まれた運動センスと 謙虚でひたむきに努力する素直な気持ちがあるから。。
機会があればそんな風に、や・・それ以上にジャブジャブ褒め殺して安心させてやりたいと思う。
買いかぶりすぎ!って冷静に息子は言うかもな。笑

実際こんなこと、全然たいした問題じゃないんだけど
それでも当人にとっては たいした問題。
その不安や焦りを和らげられるような存在でいなくちゃと
気持ちを引き締める母であった。。。



日々のことなど / comments(0) / -
 時が経つのは本当に早いもので、
日々の生活ももちろんそう感じるけども、こと子供の成長に関しては
もう上が大学、下が中学。
しみじみ、早い。

二人の卒業式の事もそれぞれにメッセージ染みたものでも残しておきたかったのだけど
卒業式の後すぐに 娘とぶらり京都へふたり旅に出かけたり 
一家で東京に行ったりと引越しの準備に追われたり・・
とは言ってもPCを開く時間くらい実際はあるのだけど、
気力、余力がなかったと言うべきか。
ブログも嵐もサクライショウも、
それに向かうのには余力と余裕が必要だから。笑

とにかく、
娘の高校生活はよく勉強した。
息子の小学校生活は全てにおいて充実していた。
二人ともが置かれた環境の中でやらねばいけない事を理解して努力をしたからだ。
本当にありがとう。
お陰でお母さんは、いつも安心していられた気がするよ。
でもきっとこれから色々な事がある。
良い事ばかりでは絶対にない。
あたふたしたり心配も一杯するんだろうけど、お父さんもお母さんも既に覚悟はしてるつもり。
だからキミたちは安心して、でも負けないで進んでいって。




さて。
8年ちょい?だったっけ・・
あの嵐の深夜枠が最終回。
面白くない回もあったし、大笑いできる回もあったし、
いつの間にか一年に数回のSPまで定着し、
やり遂げた・・つか見届けた感はあるかな。
来週からは月曜の録画、ゼロだけでいいんだ・・と思うと寂しいね。
長い間楽しませてくれました。。

そしてもうひとつのお疲れ様はカバチ。
キスシーンあるなんて知らなかったよイヤ〜ン!
とか言ってみよう。
周りからドつかれたり頭はたかれたりしてる田村が かわいくてしょうがなかったわ。
つか、限りなくSに近い気分でウヒョウヒョしちゃうんだよね。笑
最初のドタバタに比べると、田村の成長と共に徐々にストーリー的にも面白くなっていったね。
ドラマや映画を見る楽しみみたいなもの、ここ最近はほんとに感じている。
まあカバチはそこまで毎週楽しみに見てた訳じゃないけど(殴)
現実とは違う役柄を通して ドキドキわくわくを提供してね、これからも。

4回転男じゅべーるも復活してきたし、
しかし何であの素晴らしいSPであの点数なんかわからん。
今の採点方は納得できないわ。

とにもかくにも、
ウチの子どもも嵐もじゅべーるも(タカハシ選手もね)みんなひっくるめて
頑張ったなーってことで。。。

日々のことなど / comments(0) / -
冬の五輪も今日閉会式ということで、
特に初めから終わりまでほぼ全ての選手の演技を見たのが
男女のフィギュア。
男子の4回転、女子のトリプルあくせる、
攻めた人がいずれも2位という 少し空しい結果。
試合直後も表彰台でも、悔しさを露わにするマオちゃんが私はステキだなと思いました。

個人的には日本勢と同じくらい応援していたのが
フランス・ぶらいあんじゅべーる。
ショート、フリー共に4回転を入れられる数少ない選手で
ぷるしぇんこ同様に4回転に拘って飛んできた人なんですが、
今回は私がこれまで見たことのないような乱調ぶりで
見ているのが辛いくらい。
いつの年だったっけか、彼の007も見事だったなあ。

4回転を外すことは考えていなかったと言うタカハシ選手もだけど
失敗のリスクより挑戦を選択する強さ・・
そういう人って やっぱりかっこいいな。
一流のアスリートともなれば注目してみると皆どこかに魅かれる所があって
それらも含めて堪能、感動した五輪でした。


ただ珍しいことにここ1週間くらい肺炎で ほぼ寝込んでいまして、
まあテレビで五輪三昧には持って来いだったのだけど
その間の 息子の小学校最後の参観日やバスケのリクリエーションや打ち上げ等、
全ての行事に参加できなかったのが悔やまれる。

明後日は娘の卒業式。
どんな気持ちが頭を過ぎるんだろうか・・。






日々のことなど / comments(2) / -
/ 1/4 / >>